孤独を愛する

孤独を愛するという方へ

多くの方は孤独が辛く、できるのであれば避けたいと思うものですが、孤独を愛してみても良いのではないでしょうか。

 

「孤独を愛する」と聞くと変な感じがしてしまうかもしれませんが、よは孤独が好きであるということです。

 

孤独が辛くて悲しいと思うからこそ、耐えられなくなってしまうのですが、孤独を愛することができればもっと気楽に生きることができると思われます。

 

友達をたくさん作ったり恋人を作ったり、結婚をすることだけが人生の全てではありませんし、それが必ずしも幸せであるとは限りません。

 

一般的には結婚をして家庭を持って、子供を作ってという生き方が幸せであると言われていますが、杓子定規に当てはめる必要はありませんし、一度しかない人生ですので自分の好きなように生きてみるのも良いと思われます。

 

孤独を愛しているという方は、周りにどう思われようが関係なく、独りでいることが好きなのです。

 

独りでマイペースに過ごすことで誰にも気を遣うことはありませんし、誰にも気兼ねなく生きることができます。

 

つまり、孤独を愛しているという方は自由であると言うことができるのではないでしょうか。

 

たとえ、孤独であったとしても自由に生きて楽しむことができれば、それはそれでその人にとっては幸せな人生なのです。

 

それに、孤独だからといって誰とも接しないで生きるというわけではありません。

 

孤独を愛している方は、人付き合いを意図的に避けているわけではなく、自分だけの時間を大切にしていると言えます。

 

誰かと一緒に過ごしている時間だけが楽しいわけではなく、独りで過ごしていたとしても、自分の趣味を極めたり好きなことに熱中したりすることで、時間を有意義に使うことができるのです。

 

独りのままの方が気ままで良いという方もいらっしゃいますし、そのような生き方を尊重することも大事なのではないでしょうか。

 

孤独に押し潰されそうであるという方は、人生が嫌になり投げ出したくなるかもしれませんが、そんな時は自分の好きなことを見つけてみてください。

 

趣味が全くないという方はいないと思われますし、何かしら好きなことはあるはずです。

 

たとえ独りであったとしても、自分の趣味に費やしている時間はかけがえのないものであり、楽しいと感じると思われます。

 

そのような時間を大切にして、孤独を愛せるように生きてみてください。

 

孤独を好きになることができれば、辛いとは思わなくなるでしょう。