孤独と病気

孤独と病気について

孤独を感じているという方は、そうでない人と比べて病気になりやすいと言われています。

 

誰にでも孤独を感じることはあるのですが、慢性的に孤独を感じているという方は、遺伝子の活動パターンが正常な人と比べて異なっているのです。

 

免疫システムに関連する遺伝子において違いが見られているので、病気を防ぐ免疫が弱くなり、病気が引き起こされやすくなってしまうのです。

 

それに、孤独を感じているという方は精神的に病んでいる可能性が非常に高いので、身体的な病気だけではなく、精神的な病気にもかかりやすくなってしまいます。

 

このような方は、日々のストレスが溜まっている傾向もあるので、余計に病気になりやすいと言えるでしょう。

 

ストレスを甘くみている方は多くいらっしゃるのですが、単に精神的に負担がかかってしまうだけではなく、身体的な病気にかかる可能性も十分に考えられるのです。

 

また、孤独を感じていることで病気が引き起こされるのではなく、病気で身体が病んでしまったことで、余計に孤独を感じるようになってしまったという方もいらっしゃいます。

 

病気になってしまうと身体的に弱くなってしまうだけではなく、精神的にも追い詰められてしまうのです。

 

そのため、正常な状態であれば特に気にせずに生活をすることができたとしても、病気にかかっているということで不安感に襲われ、孤独を感じてしまいます。

 

「前も弱かったけど、病気になってからさらに心が弱くなった」という方は少なくありません。

 

そのような方は、孤独を過度に感じないように努力するのではなく、まずは自分の病気を治すことに専念してみてください。

 

かかっている病気によっては長期的な治療をしなければならないことが十分に考えられますが、病気を治して健康に生活をすることができなければ、孤独感から開放されることはありません。

 

身体が弱っていることで、普段よりも余計に孤独を感じてしまうので、しっかりと病院に行って病気を治すことだけを考えてみてください。

 

もし、病気が完治し、健康な生活を送ることができるようになれば、孤独を感じて不安になったり辛くなったりする回数は絶対に減るはずです。

 

しかし、孤独を完全に人間の頭の中から消すことは不可能ですので、病気が治ったとしても孤独を感じてしまうことはあるでしょう。

 

そのため、どのように孤独と向き合っていけば良いのか、しっかりと考える必要があるのです。

 

孤独に対する考え方が変われば、きっと前向きに生きることができるようになるはずです。