孤独な人生

孤独な人生について

自分が生きるだけの孤独な人生に意味を見出すことができないという方がいらっしゃいます。

 

確かに、家族も友達もいなくて、自分が生きるためだけに働いて、いずれ死ぬという人生は誰の目から見ても、孤独でありますし、意味がないと思うかもしれません。

 

しかし、この世に意味のない人生を送っているという方は、一人もいらっしゃらないのではないでしょうか。

 

本人がそのような人生に対して楽しいと思う何かがあったり、苦しいと感じることがあれば、そのような感情を生み出している以上、意味があると言えるのです。

 

もし、何の感情もなく、誰とも会わずに朝起きてご飯を食べてまた寝てという生活を繰り返しているのであれば、それは意味のない人生であったと言えるかもしれませんが、このような方は一人もいません。

 

孤独であろうとなかろうと、人生には意味があるのです。

 

孤独な人生を送るのが嫌だという方はいらっしゃいますが、人生は元々孤独なものですし、たとえ孤独であったとしても自分の人生の意味を見出し、価値を高めることは十分に可能です。

 

つまり、「1回しかない人生の中で何を成し遂げたいのか?」「人生において自分が最も重要視するものは何なのか?」ということを見極める必要があります。

 

孤独な人生が嫌だからといって誰かと連れ添っていたとしても、孤独感の本質的な部分を解消することはできません。

 

孤独を紛らわそうとしても、ただの気休めとしかならない可能性があるのです。

 

孤独であると感じることは誰でも嫌かもしれませんが、逆に考えれば独りで何かに熱中できる機会を設けることができます。

 

つまり、自由であると言うことができるのではないでしょうか。

 

「孤独」と聞くと悪いイメージしか頭に思い浮かばない方が多いと思われますが、人生の価値を高めることができるという視点もあるので、決してデメリットだけではありません。

 

孤独であるからこそ自分を見つめ直すことができますし、思考を深められるのです。

 

もし、誰とも接することができない人生に負い目を感じているのであれば、インターネットを通じて自分と同じ価値観を共有できるコミュニティに参加してみてください。

 

ここで自分と同じ価値観を持った人々と出会うことができるかもしれません。

 

だからといって孤独を感じなくなるわけではありませんが、気分的に楽になることができるのではないでしょうか。

 

まとめると、孤独な人生であったとしても、決して無意味な人生を送っている人はいないということです。