孤独な子供

孤独な子供について

国連児童基金イノチェンティ研究センターが発表した報告書で、日本の子供が孤独を感じている割合が高いという結果になりました。

 

統計では、約3人に1人の子供が孤独を感じているという結果になったのです。

 

これは、日本では家族全員が揃う機会がないからこそ、このように感じる子供が多いのではないでしょうか。

 

日本のサラリーマンは仕事が終わるのが遅く、一緒に夕飯を食べられないという家庭は多いと思われます。

 

つまり、父親や兄弟など、家族全員が揃って食事をするという機会が昔と比べて減っているのです。

 

母親と一緒に過ごす時間はあるにしても、共働きによってその母親もいないという家庭も多いのではないでしょうか。

 

このように、親子関係が深まるような機会が少ないからこそ、日本の子供は孤独であると感じてしまうのです。

 

また、日本では長期的な休みと言えばお盆や年末年始しかありませんが、ヨーロッパではバカンスという文化が取り入れられています。

 

バカンスでは家族一緒に旅行をしたり、親戚の家を回ったりして、長期的に休みをとるのです。

 

バカンスという習慣はアジアでは取り入れられていないのですが、これによって家族の絆を深めることができるのではないでしょうか。

 

現にヨーロッパの子供は孤独を感じている子供が極端に少ないのです。

 

急に日本でこのような文化を取り入れるというのは現実的に考えて不可能なのですが、家族関係を上手く築いていけない家庭が多いからこそ子供が孤独と感じてしまいます。

 

また、現在ではネットワークが非常に発達したことによって、子供でも携帯電話を手にするようになりました。

 

携帯電話やインターネットが発達したことによって、コミュニケーションの頻度が増したということは事実なのですが、上辺だけの付き合いが子供の中でも引き起こされるようになってしまったと考えることができます。

 

何をするにも携帯電話が使用されるので、本来の人と人が会ってコミュニケーションをとる機会が少なくなっているのではないでしょうか。

 

これが結果的に子供を孤独と感じさせているのです。

 

子供であれば誰でも一人で過ごすのは寂しいと思いますし、そのような家庭で育ってしまうと、大人になっても引きずってしまう可能性があります。

 

そのため、親は子供が孤独と感じないように接していかなければならないのではないでしょうか。

 

日本人の生活がコミュニケーション不足となっていることも挙げられるのですが、休日は家族一緒に過ごすといったように、子供のことをしっかりと考える必要があります。