孤独で眠れない

孤独で眠れないという方へ

孤独で夜も眠れないと悩んでいる方は、リラックスをできていない可能性があります。

 

つまり、心や身体が緊張してしまっていて、ずっと頭の中で孤独であるということを考えているからこそ、不安で眠れなくなってしまうのです。

 

そのため、自分が孤独であるということを考えすぎない方が良いでしょう。

 

人は皆孤独なものですし、多くの方はそれを受け入れて生きているのです。

 

その証拠に、友達や恋人といる時であっても孤独を感じてしまうことはあるはずです。

 

このように、人間の頭の中から孤独という二文字を完全に消すことはできません。

 

「人は誰でも孤独である」と考えれば、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。

 

その前提を踏まえていれば、今以上に人付き合いは上手くなるので、頻繁に孤独を感じてしまうことはなくなります。

 

柔軟な考えを持つことで、眠れないということは起こりませんし、快眠を得ることができます。

 

それでも眠ることができないという方のために、このページは効果の高い快眠方法を説明していますので、是非実行に移してみてください。

 

適度な光の中で寝よう

完全な暗闇の中で眠った方が良いと思っている方が多いのですが、実は20〜30ルクスの明るさが一番快眠を得やすいと言われています。

 

20〜30ルクスとは何かが薄っすらと見える程度の明るさのことを指します。

 

そのため、豆電球を付けて眠りにつくのが良いと言えるでしょう。

 

また、寝起きに朝日を浴びることによって、体内時計を正常に戻してくれるという効果があるので、遮光カーテンをしているという方は、朝日が入り込むほどのスペースを空けておいた方が良いです。

 

眠りを誘う音楽をかけよう

外から聞こえる雑音や車の騒音があると気持ち良く眠ることができないと思いますが、全く音がないよりも自分がリラックスできる音が流れていたほうが、より快眠できます。

 

もし、眠れないという時はクラシックといった静かな音楽を流してみてください。

 

もちろん、激しい音楽であっても、それがあなたにとってリラックスできるのであれば、寝る前にかけるのは非常に効果的です。

 

リラックスできる寝室にしよう

音楽をかけるだけではなく、落ち着いたベッドカバーやカーテンを取り入れたり、ラベンダーやローズといったリラックス効果のあるアロマオイルを取り入れることで、快眠を得ることができるでしょう。

 

心を落ち着けることによって、ぐっすりと眠ることができるので、是非試してみてください。