孤独が楽

孤独が楽であるという方へ

孤独を辛い・苦しいと考えるのではなく、楽であると考える方はいらっしゃいます。

 

孤独は決して良いか悪いかといった2択で決められるものではなく、人によって考え方が異なります。

 

孤独が辛くて他人に依存したくなってしまうという方がいれば、孤独は一人でいられるから楽だと考える方もいらっしゃるのです。

 

「絶対にどちらかでなければならない」ということは決してありませんが、孤独が楽であると考えているならば、特に問題はないのではないでしょうか。

 

孤独を楽と思ったからといって誰かに迷惑がかかるわけではありませんし、自分一人で行動をするのが好きならば、それを無理して変える必要はないのです。

 

多くの方は、「たくさんの人に囲まれていた方が幸せ」と思うかもしれませんが、決して一人だからといって不幸せなわけではありません。

 

むしろ、一人でも自分なりの趣味に没頭したり勉強してスキルアップをしたりして、人生を楽しんでいる方はいらっしゃいます。

 

自分が幸せであると感じているのであれば、このような生き方でも問題はありません。

 

仮に大勢の人に囲まれていたとしても幸せであるとは限りませんし、自分のことばかりを考えるわけにはいかないので、気を遣う必要があるでしょう。

 

自分が気を遣っている感覚はなく、それが楽で楽しいと感じるのであれば否定はしませんが、少しでも嫌な気持ちになってしまうのであれば、また苦痛であると感じるのであれば、一緒にいる意味はありません。

 

誰かと過ごしていてストレスが溜まってしまうようであれば、一人でいた方が気楽であることは間違いないでしょう。

 

そのため、孤独が楽であると感じている方は、無理して直す必要はありませんし、今のままの生活を続けていけば良いと思います。

 

中には、「孤独を楽と感じるなんておかしい」と思う方がいらっしゃるかもしれませんが、他人にどう思われようが自分が楽しければそれで良いのです。

 

いちいち他人の意見を気にしていても仕方がありませんし、他人の意見に従って生きる人生なんてつまらないと思われます。

 

もちろん、「自分だけが良い」という考え方が正解であるとは言えませんが、孤独が楽だから一人でいるということは、決して他人に迷惑をかけていません。

 

つまり、このような生活を続けることで、誰からもとやかく言われる筋合いはないのです。

 

人生は人それぞれであると思われますが、自分が一番楽しいと感じることをするのが一番であると言えます。