孤独と恋愛

孤独と恋愛について

孤独は決して恋愛をしたからといって、解消できるものではありません。

 

誰かと恋愛をしていたとしても、そして好きな人と一緒にいたとしても、孤独を感じることはあるのです。

 

それは、人が孤独を感じなくなることはないからです。

 

このサイトでは何度も説明してきましたが、人は誰でも孤独を感じてしまう生き物ですので、孤独と上手く向き合っていく必要があります。

 

「恋愛をすれば孤独感から開放されるかも」「人を好きになれば私の心は癒されるかも」と思っている方がいらっしゃるかもしれませんが、完全に打ち消すことはできないということを頭に入れておかなければなりません。

 

この孤独感は一生消えることはないと思われますが、孤独を受け入れることによって人間として成長することができます。

 

「孤独であることに悩まずに、自分を成長させるために努力しよう」と思って行動に移すことで、人付き合いは上手くなりますし、恋愛も上手くいくようになるのではないでしょうか。

 

ただ寂しさを紛らわせるだけに恋愛をしているという方はいらっしゃいますが、それは一時の感情でしかありません。

 

好きな人と一緒にいない時は、また孤独による悲しみや寂しさを感じてしまいます。

 

結婚をすれば別かもしれませんが、恋愛をしている段階で好きな人とずっと一緒にいるというのは不可能であると言えます。

 

仮にそのような生活を送っていたとして、もしその人と別れることになったのであれば、相手に依存しすぎていたために、これから生きていくことができなくなってしまうのではないでしょうか。

 

恋愛をする上で、お互いに成長するために高め合うということは大切なのですが、依存しすぎるのは良くありません。

 

孤独で寂しいと感じるからといって相手に依存していたのであれば、一人で生活をすることができなくなってしまいます。

 

一緒にいて楽しいと感じる感情は大切なのですが、恋愛は寂しさを紛らわすためにするのではなく、お互いに成長するために行うものなのです。

 

孤独を紛らわすために恋愛をしたところで、何も変化しないということを頭に入れておく必要があります。