孤独な老人

孤独な老人について

近年では急速に少子高齢化が続いており、独りで暮らしている高齢者の方が急増しています。

 

そのため、孤独で生活に苦しんでいるという老人が増えているのです。

 

特に社会的に問題となっているのが孤独死です。

 

一人暮らしをしているという老人が増え続けており、何かあった時に助けてくれる方がいないため、誰にも気付かれずに孤独死してしまいます。

 

平成22年度の調査によると、65歳以上の高齢者で孤独死をしている数は15,000人にも及んでしまうのです。

 

孤独死が増えていった一番の原因は少子高齢化というよりも、地域コミュニティが崩壊したことにあるのではないでしょうか。

 

孤独死が起きたということは、外部との接点がなかったということになります。

 

昔と比べて近隣住人との接点がなくなったことによって、誰にも気付かれずに死んでしまうという事態が起こってしまうのです。

 

これを防ぐために子供が自分の住んでいる土地に親を呼び出すという方法をとっている方がいらっしゃいますが、老人の方は長年住みなれた土地を離れるということで、喪失感を味わってしまう可能性があります。

 

これは老人に限らず若者であっても同じような経験をしたという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

また、高齢者の場合は新しい環境への適応能力が低いために、子供と一緒に過ごしたとしても大きな苦痛となり、人によってはうつ病になってしまうというケースも少なくありません。

 

つまり、独りで暮らす時と同じような孤独を感じてしまうこととなります。

 

そのため、必ずしも環境を変えるという方法が適しているとは言えないのです。

 

ただし、孤独死は防がなければならない問題の一つなのではないでしょうか。

 

そこで、家族などの直接的な接点だけではなく、介護サービスや新聞配達といったものを利用するのが一番良いと言えます。

 

定期的に介護サービスを利用していれば孤独死が引き起こされることはありませんし、直接的な接点がない新聞配達であっても、何日間もの新聞がポストに溜まっていれば、何かおかしいと気が付くと思われます。

 

つまり、これらのサービスを利用することによって老人の孤独死を防ぐことができるのです。

 

一人暮らしをしている老人が、社会との窓口をどんどん狭めてしまうと、孤独死をしてしまうリスクが増えてしまうので、できるのであれば地域住人との関わりを積極的に持つことが必要であると言えます。

 

それが難しいのであれば介護サービスなどを利用するべきです。