孤独が寂しい

孤独が寂しいという方へ

孤独で寂しいという方は多くいらっしゃるのですが、あなたが感じている孤独は本当に本物の孤独なのでしょうか。

 

孤独が悪いと思われているのは、寂しいから何とかして逃れなければならないという気持ちが芽生えてしまうからです。

 

しかし、実のところは孤独は駄目なんかではありませんし、孤独は寂しいものなんかではありません。

 

孤独であることによって自分の好きなことに挑戦することができますし、誰にも気を遣わずに生活をすることができるのです。

 

このような状況が孤独で寂しいと感じてしまうかもしれませんが、本当の孤独とは最後死ぬ時に孤独死をすることなのではないでしょうか。

 

つまり、自分が孤独であるかどうかは、死ぬ時になってみないと分からないのです。

 

それまでの長い人生の間で孤独を感じてしまうことがあるかもしれませんが、それは本当の孤独ではないので、特に気にする必要はありません。

 

一時の感情で寂しいと思うときはありますが、それは自分の中で愛情が不足している時であると考えることができます。

 

だからと言って、他人に愛情を求めるというのは間違った考え方なのです。

 

自分が寂しいからといって他人を利用するということは、依存しているだけですので、そんなことでは寂しいという気持ちを解消できませんし、孤独感を消すこともできません。

 

そこで、他人に依存するのではなく、誰かに愛情を与えることを考えてみてください。

 

寂しいから誰かに頼るのではなく、自分から愛情を誰かに与えるのです。

 

それは、家族でも良いですし、友達でも良いのですが、あなたの周りにいる人を大事にすることを考え、自分と関わってくれている方に感謝ができるようになると、自然と寂しさは消えていきます。

 

そして、孤独であるという思いもだんだんと消えていくのではないでしょうか。

 

自分が寂しい時は周りが見えなくなっているので、「何でこんなに寂しいの?」「何で私だけが寂しい思いをしなければならないの?」と自分のことしか考えられなくなります。自分勝手に生きていては、友達を作ることはできませんし、恋人もできません。

 

そのため、自分のことばかりを考えるのではなく、自分の周りにいる人を大切にして、相手に何をすることができるのかゆっくりと考えてみてください。

 

そうすれば、あなたの周りには人が集まってくると思うので、孤独を感じていた自分が嘘のように思うことができるようになるでしょう。