孤独と成長

孤独と成長について

孤独であることを辛い・苦しいと感じてしまう方が多いのですが、自分が成長・進歩するためには、孤独は必要不可欠なものであると考えることができます。

 

人間として生きていれば一時的に孤独を感じることは誰にでもありますし、生まれてから死ぬまで一度も孤独を感じない方はいらっしゃいません。

 

この一時的に感じる孤独は現在だけであり、一生抱えるもではないのです。

 

自分が人として成長することができれば、成長した自分にピッタリの友人や恋人が現れますし、未熟な自分であった時よりも良い人間関係を作れます。

 

つまり、孤独を感じた時は、自分が成長できるチャンスであると思うポジティブな気持ちが重要なのです。

 

自分が成長するために、新しいことにチャレンジしてみたり、今までとは違う何かにアタックすることで、一時的な孤独感を経て新しい人間関係を築くことができるのではないでしょうか。

 

孤独を感じた時に寂しいと思うのではなく、「自分を向上させられる」と喜びに変えることで、辛いと感じなくなります。

 

それに、孤独であるということは一人で色々なことに対してじっくりと考える時間があると言えるので、集中して勉強ができるのです。

 

つまり、自分を高められる大きな転機となります。確かに、友達や恋人と一緒にいる時間は楽しいですし、かけがえのない時間であることには変わりありません。

 

このような時に得られるものはたくさんあるかもしれませんが、自分一人でいる時にしか得られないものも同じようにたくさんあるのです。

 

孤独であるのならば孤独なりに、自分が進歩できるような時間に当ててみてはいかがでしょうか。

 

そうすれば、今までのように後ろ向きに生きるということはなくなるはずです。

 

孤独であるということを「成長・進歩・成功するために必要不可欠」と発想転換するのは簡単ではありません。

 

そのため、少しずつ考え方を変えられるように努力してみてください。

 

孤独で辛い時期であっても積み重なるものがあり、それが教訓となって人は成長することができるのです。

 

もちろん、孤独に対する考え方に正解はありませんし、孤独な状況では人は成長できないという考え方もあるでしょう。

 

ただ、孤独に対して前向きに考える姿勢は大事であると言えます。

 

孤独な状況に置かれているからこそ見えるものがあり、そこから人は成長できるのです。

 

結論として、孤独に対してあまり悪いイメージを持たないようにすることが大切なのです。