孤独で死にそう

孤独で死にそうという方へ

「孤独で死にそう」「孤独で死にたい」と感じてしまう方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

孤独は人々をマイナスの方向に考えさせてしまうので、最初は辛い・苦しい・寂しいという感情であったとしても、その思いが強くなるうちに、死にたいという願望まで出てしまうのです。

 

誰でも何か嫌なことがあったり、自分の思うようにいかなかったりすると、不安な気持ちになってしまいます。

 

人は弱い生き物ですので、これは仕方がありません。

 

しかし、いくら孤独が辛いからといって、命を絶ってしまうのは間違っているのではないでしょうか。

 

死にそうと思う気持ちは十分に分かりますし、そのような辛い経験をしてきた方にとっては、夢も希望もないかもしれませんが、死を選ぶということは自分を否定し、全ての可能性を絶ってしまうことに繋がるのです。

 

「楽しいことを見出すことができない」「生きている意味がない」と考えるかもしれませんが、この世に生きている意味がない人間はいませんし、ただ生きているだけであっても感情を持っている以上、何かに影響を与えているのです。

 

例えば、あなたが生きていることで誰かが楽しい・嬉しいと感じたことが1回でもあるのであれば、あなたが生きていた意味はあったということになります。

 

些細なことかもしれませんが、そのような小さなことを集めることで、自分には価値があると見出すことができるのではないでしょうか。

 

死ぬという選択肢は最終手段であると思われます。

 

世界中の方があなたを無視して誰も話してくれないという状況であれば死を選択するしかないかもしれませんが、世界にはあなたが出会ったことのない人の方が圧倒的に多いのです。

 

そのため、生き続けていればかけがえのない方と出会うことができるかもしれません。

 

そのような可能性を自分から潰してしまうのは非常に勿体ないですし、一番やってはいけないことであると言えます。

 

孤独で死にそうであるという方は、まずは自分がこの先やってみたいことや、挑戦したいことを考えてみてください。

 

そして、自分にできそうなことから少しずつチャレンジしてみましょう。

 

そうすれば、少しずつ頑張って生きていこうと思うことができると思います。

 

辛いと感じながら生きていくのは苦しいことかもしれませんが、死を選ぶということはそのような悩みを持つことすらもできなくなりますし、この先に待ち受けているかもしれない楽しいことを体験できなくなるのです。