孤独とストレス

孤独とストレスについて

過度に孤独を感じることで、ストレスが溜まってしまう場合があります。

 

孤独は悪いことではなく、自分を高められる唯一無二の時間であると考えることができれば、ストレスは溜まらないかもしれません。

 

しかし、このように積極的に考えられず、自分の周りには誰も近寄らないから孤独になったと考え、そのことに対して苦しい・辛いと感じることで、だんだんとストレスが溜まって追い込まれてしまうのです。

 

中にはストレスを軽視している方がいらっしゃるのですが、「頭がスッキリしない」「疲れやすい」という症状だけではなく、「心身症としての胃潰瘍や心不全」といった大きな病気に発展してしまうケースも十分に考えられます。

 

そのため、ストレスが溜まっているのにそれを放置していると、どんどん深刻な状態に陥ってしまうので、早急に対処する必要があるのです。

 

ストレスを解消する方法はたくさんあり、個人によって効果的な方法は異なるのですが、ここでは代表的なストレス解消法をお伝えしたいと思います。

 

ただし、自分が孤独であるということでストレスを感じているのであれば、その根本的な問題を解決しなければ意味がありません。

 

つまり、孤独に対する考え方を変えなければ、ストレスはどんどん溜まってしまうということを頭に入れておかなければならないのです。

 

自分の好きなものを食べよう

自分の好きなものを好きなだけ食べることによって、分子レベルに作用して癒しに変化し、気分を高ぶらせてくれます。

 

また、鬱を軽減させることもできるのです。

 

そのため、ストレスが溜まっているという方は、自分の体重のことを気にせずに思いっきり好物を食べてみましょう。

 

ただし、食べすぎには十分に注意してください。

 

身体を動かそう

自分の趣味で何かスポーツがあるのであればそれを行い、ないのであれば散歩やジョギングといった軽めの運動をしてみてください。

 

身体を動かし、外の風景を見ながら汗をかくことで、爽快な気分となることは間違いありません。

 

激しい運動ではなくても、自分に適した運動を行うことで、リフレッシュすることができるのです。

 

ゆっくりと入浴しよう

日本人はお風呂好きであると言われていますが、入浴することによって、心臓への負担を減らし、副交感神経を刺激することができます。

 

特に半身浴を行うことでリラックスできるだけはなく、美容効果や疲労回復効果を期待できるのです。

 

入浴中にマッサージを行うことで、より効果は高まりますので、是非実践してみてください。