孤独が耐えられない

孤独が耐えられないという方へ

一人ぼっちが寂しいと感じ、孤独が耐えられないという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

確かに、孤独のまま耐えるということは難しいかもしれません。

 

中には、強度の不安や孤独が襲ってきて、夜も眠れないという方はいらっしゃるでしょう。

 

そして、嫌な過去の出来事ばかりが蘇ってきてしまいます。

 

しかし、人はみんな一人で生まれて一人で死ぬものです。

 

どんなに大勢の家族の中で過ごしてきたとしても、その人の人生はその人だけのものですし、一人で歩んでいくということに変わりはありません。

 

このように考えることで、少しは楽になることができると思います。

 

一人ぼっちが耐えられないという方は、孤独でいるということが悪いことであると感じ、悲しいことであると思っている傾向にあります。

 

そして、そこから抜け出すことばかりを考えて悩んでしまうものです。

 

人間は一人であるというのは当たり前のことなのですが、それを否定しようとすると怖くなってしまい、耐えられないという感情が芽生えてしまいます。

 

しかし、孤独を何とかしてなくしたいと考えるのではなく、自分は今何をすれば良いのかということを、問いただしてみてください。

 

ただ悲しんでいるだけでは何も始まらないのですが、自分がするべきことを見つけてそれに対して真っ直ぐ進み続けることで、光は見えてくるのではないでしょうか。

 

誰でも孤独は耐えられないと思ってしまうものですが、落ち込んでいたところで人は成長することができません。

 

そこで、何か目標を見つけて、その目標に向かって努力してみてください。

 

自分の好きなことでも良いですし、チャレンジしたいことでも良いでしょう。

 

がむしゃらにチャレンジすることで、孤独が辛いということを忘れ、頑張ろうという気持ちがだんだんと芽生えてくるのです。

 

孤独に対して深く考えてしまうからこそ、辛いという感情が引き起こされてしまうので、その感情に変わるものを見つける必要があります。

 

それに、生まれてずっと一人ぼっちであると言う方はいないでしょう。

 

生きていれば必ずどこかに出会いは待っていますし、素敵な人と出会うことだって可能なはずです。

 

しかし、孤独が耐えられないとネガティブに考えていては、そのような出会いは訪れないと思われます。

 

一生懸命に前を向いて歩んでいる方だけが、素敵な出会いを手に入れることができるのです。

 

そのため、物事を卑屈に考えるのを止め、ポジティブに生きるということを心掛けてみてください。