孤独の特徴

孤独になりやすい人の特徴について

ここでは、孤独になりやすい人の特徴について説明していきたいと思います。

 

どのような人が孤独になりやすいのか、そして孤独と感じやすいのか理解しましょう。

 

自分に対する評価が低い

孤独になりやすい人の特徴の一つとして、自尊心が低く自分に対する評価が低いということが挙げられます。

 

自分と他の人とを比べてしまい、自分がダメであると感じることで、自分に自信がなくなっていってしまいます。

 

そのため、「自分は人から好かれない」「誰からも相手にされない」「異性から好かれない」と思い込み、孤独を感じてしまうのです。

 

自分に自信がないというわりには、自意識過剰な方が孤独を感じやすいと言えるでしょう。

 

つまり、孤独な人ほど人間観や社会観に対して否定的なのです。

 

親和欲求が高い

親和欲求が低いという方は、他者との関係を築こうとせず、大げさに言えば自分だけの世界を作ろうとしているので、孤独と感じることはほとんどないでしょう。

 

自分だけが良ければ良いと思っているので、そういった方にとって他人は関係ありません。

 

しかし、親和欲求が高いという人は、他者と友好的であろうと努力をしたり、他者から認められようと自分を高めようとしたりします。

 

ほとんどの方がこのように考えていると思われますが、その一方で他者から自分を否定されてしまうと、ネガティブになってしまうのです。

 

「自分は認められていない」「自分を必要とされていない」と強く感じることで、孤独を感じてしまいます。

 

人を否定する

他人を認めずに、否定をするという方は、孤独を感じやすいと思われます。

 

孤独な人は自分自身に対する評価だけではなく、周りの人間に対しても否定的であるため、友達や恋人ができず、どんどん孤独に陥ってしまうのです。

 

逆に、自分や人を信頼しているという方は、孤独と感じることはあまりないのではないでしょうか。

 

人間として生きていくためには人を信頼するということは非常に大切ですので、否定するばかりではなく、相手を信頼する気持ちを持つということが大事なのです。

 

相手の気持ちを考えない

「こんなことを言ったら相手が傷つくだろうな」と相手の気持ちを考えずに言葉を発してしまう方は、孤独になりやすいです。

 

そのような方は、「自分は孤独だ」と被害者ぶっていることが多いのですが、実は自分から孤独を選んでいるということになります。

 

つまり、他人を思いやる気持ちが大切であると言えるのではないでしょうか。