孤独に疲れた

孤独に疲れたという方へ

孤独でいることに疲れたという方は多いのではないでしょうか。

 

孤独であるということに戸惑い、そして悲しみ、死にたいという願望を抱いてしまう方もいます。

 

確かに、自分の大事な人を亡くしてしまったりして絶望する気持ちは十分に分かります。

 

そのような状況に立たされた時、この先、生きていくことに不安を感じないという方はいらっしゃらないでしょう。

 

しかし、しっかりと現実を受け止めなければなりません。

 

「死ぬことで楽になれる」と思っている方がいますが、死ぬということは全ての希望や可能性を絶つということに繋がります。

 

孤独のまま生きていくのは辛いかもしれませんが、生きていればもしかしたら楽しいことや嬉しいことが待っているかもしれません。

 

それなのに、孤独であるということでその可能性を自ら絶ってしまうのは、勿体無いのではないでしょうか。

 

孤独感や虚しさを味わい、その現実を直視することで、本当の自分自身が求めているものを認識することができます。

 

それは、楽しい、嬉しいと感じる思いだったり、愛だったりと人によって異なります。

 

このような感情と正反対の感情である孤独感を避けようとしたり、打ち消そうとすることで、余計に疲れが溜まってしまうものなのです。

 

仮に一時的に誤魔化すことができたとしても、完全にその孤独を消すということはできないのです。

 

孤独に疲れたという方は、どうにかその孤独から脱却しようと試みると思うのですが、それが上手くいかなくて疲れてしまうのだと思われます。

 

そのため、無理に孤独感を消す必要はないのです。

 

人はみんな孤独であり、人は誰でも死ぬ時は一人です。誰かと一緒に死ぬということは、不可能であると言えます。

 

その怖さがあるからこそ、人は孤独を嫌がり、自分から遠ざけようとするのですが、孤独であるということは決して悪いことではありません。

 

孤独は悪い?で説明したのですが、孤独は悪いことではなく、自分自身を見つめ直すことができるのです。

 

そのため、孤独に疲れたといってうなだれるのではなく、自分にできることは何なのかゆっくりと考えてみてださい。

 

また、精神的に滅入っているという可能性があるので、自分が楽になれる気分転換の方法を実行して、リフレッシュしてみましょう。

 

そして、「人は皆、孤独であり、その孤独と向き合いながら生きている」ということを頭に入れておけば、少しは気が楽になると思われます。