孤独を受け入れる

孤独を受け入れよう

「孤独を受け入れる」と聞くと、どのようにすれば良いのか分からなくなってしまうかもしれません。

 

確かに、何を受け入れれば良いのか、何をすれば良いのか分からないという気持ちは十分に分かります。

 

つまり、「孤独を受け入れる」ということは、「人は孤独を打ち消すことができない」と理解することだと思われます。

 

人として生きている以上、孤独は必ず付随してくるものですし、孤独を打ち消すということは、本当の意味で生きないということに繋がるのです。

 

孤独を感じたくないのであれば、死を選ぶしかないのだと思われます。

 

もちろん、自分から死を選ぶということは良くないことですし、絶対に選んではいけない選択肢であることは間違いありません。

 

そこで、孤独と共に生きる覚悟を決めてみてください。

 

人はみんな孤独であると受け入れることは簡単にできないかもしれませんが、心から愛する人と出会ったり、心が通じ合える友人と出会ったとしても、孤独は今までもこれからも自分の人生の中であり続けるのです。

 

逆に人は皆孤独であるからこそ、人と人との出会いは輝かしいものなのではないでしょうか。

 

孤独を受け入れるということは孤独な生活を送れということではなく、孤独に対する考え方を別の視点から見れるようになれば良いのです。

 

孤独は辛い・苦しい・悲しい・寂しいと思うからこそ落ち込んでしまうのであり、孤独が当たり前であると思うことができれば気持ちが沈んでしまうことはありません。

 

このように、孤独をしっかりと受け入れることで、自分を変えられます。

 

後ろ向きの人生を歩んでいただけでは何も変えることはできませんが、前向きに生きていれば新しい出会いは待っているでしょうし、物事を異なる視点から見れる柔軟な発想が生まれます。

 

今までは孤独に対してマイナスイメージしか持つことができなかった自分が、孤独に対してプラスの考え方ができるようになるのです。

 

例えば、「孤独であることで自由な時間が増える」「孤独であることで誰にも気兼ねなく生きられる」といったことが挙げられます。

 

今まで孤独を受け入れることができなかったという方が、急に発想を転換するというのはかなり難しいのですが、ゆっくりと自分の中で孤独に対する考え方を変える努力をしてみてください。

 

そうすれば、今までは感じられなかったことが感じられるようになったり、気が付かなかったことが見えるようになったりするのです。