孤独と運命

孤独と運命について

自分が孤独であるのは運命であると思っている方がいらっしゃいます。

 

「自分が孤独なのは運命だから仕方がない」「自分が孤独であるという運命を受け入れなければならない」と感じてしまうかもしれませんが、それは少し違います。

 

孤独であるのは運命なんかではなく、誰もが孤独を感じるものなのです。

 

孤独で寂しい思いをしている方は、自分だけがこのような辛い思いをしていると感じているかもしれませんが、決してあなただけではありません。

 

いつも周りにたくさんの人が集まっていて幸せそうに見える人であっても、実は孤独で悩んでいることも十分に考えられます。

 

つまり、人間であれば誰でも孤独が付きまとうので、孤独を感じないということは不可能なのです。

 

ただし、孤独を感じることはあっても、その孤独を受け入れることで、前向きに生きることができるのではないでしょうか。

 

自分は孤独であるからと後ろ向きな生き方をしていては、成長することはできませんし、何も得ることはできません。

 

そのため、孤独で辛いという方は、何か自分が夢中になれるものを探して、それを極めるために努力してみてください

 

。一生懸命チャレンジすることを心掛けていれば、自然とあなたの周りには人が集まってきますし、孤独を感じることはなくなると思われます。

 

ネガティブに生きている人の周りには、誰も集まってこないのではないでしょうか。

 

以上のことから、孤独であるのは運命のせいではないということが理解できたと思います。

 

孤独を必要以上に感じてしまうのは決して運命のせいではなく、あなたの生き方そのものなのです。

 

後ろ向きな生き方をしているからこそ、自分は駄目だと落ち込み、孤独を感じてしまうのです。

 

孤独を頭の中から完全に消すのは不可能なのですが、何か目標を立てて生きることによって、孤独と上手く付き合っていくことはできます。

 

孤独に怯えて生きるのではなく、孤独であることを認めて、その上で前向きに生きることが重要です。