孤独は悪い?

孤独は悪いの?

孤独な状態が悪いことであるというイメージを持っている方が多いのですが、決してそんなことはありません。

 

孤独という言葉は一人で寂しいという意味が含まれているので、これが耐えられないという方はいらっしゃるのではないでしょうか。

 

しかし、孤独は悪いことではなく、自分を見つめ直すことができるのです。

 

一人でいるからこそ見える自分というものがありますし、自分自身と向き合うためには孤独は必要であると言えます。

 

それに、孤独であるからこそ悩んだり苦しんだりして、それを乗り越えるために一生懸命考えて、努力をすることができるのではないでしょうか。

 

逆に孤独を感じない人間がいたとしたら、その人は考えるということをしなくなるので、人として成長できません。

 

一人でいれば良し悪し全てが自分の責任となるので、他人のせいにすることはできませんし、自分自身で責任を持つことによって色々なことができるのです。

 

人は孤独を感じなければ考えるという行動を起こさなくなりますし、何かに向かって頑張るということをしなくなります。

 

仮に愛する人に囲まれていても孤独を感じることは、誰にでもあるのではないでしょうか。

 

孤独を紛らわそうとして無理に人付き合いをしたところで、自分の心は完全に癒えることはありませんし、そのギャップによってストレスを溜め込んでしまうということも十分に考えられます。

 

そのため、孤独を愛して受け入れるということが大切なのです。人は誰でも孤独でありますし、孤独を否定することで心や身体に負担がかかってしまい、精神的に追い詰められてしまいます。

 

つまり、孤独をしっかりと受け入れる心が必要なのです。

 

孤独を受け入れられれば心に余裕が生まれるので、人付き合いも今以上に増して上手になると思われます。

 

もちろん、孤独を受け入れることが大事であるからと言って、誰かと共にする時間を作ってはいけないというわけではありません。

 

一人でいる時間も誰かと過ごしている時間も同じように大切であることを頭に入れておく必要があるのです。